GoogleやYahoo!などの検索エンジンサービスで検索ワードを入力した際、関連されたり広告で表示さたりするキーワードを、サジェストといいます。

検索した際にサジェストが表示されるサジェスト機能は、ユーザー側にとって、気軽に関連情報にアクセスできるというメリットがあります。

しかし、サジェストの内容によっては、会社側にネガティブな影響が及んでしまいます。例えば悪質やひどいといったサジェストが出てきた場合、ネガティブな印象を与えてしまいます。
さらにそのサジェストがクリックされるにつれ、ネガティブなサジェストは表れやすくなり、対策しなければネット上での評判が悪くなり風評被害へとつながります。

サジェスト対策を素人がするとなると、かなりのテクニックやコツが必要とされるため、完全に削除できる確率は低いのが現状です。

そこで今回の記事では、サジェストのメリットやコストから、効果の高いサジェスト対策方法を紹介します。

サジェスト対策の意味

サジェスト対策のメリットやコスト、対策方法を紹介する前に、サジェスト対策の意味や内容を紹介します。

ここでサジェスト対策の内容をしっかりと理解して、サジェスト対策の必要性を確認しましょう。

IT用語解説|サジェスト機能とは

まず、サジェストの意味についてもう一度紹介します。

ここでいうサジェストは、英単語のsuggestに起因します。
英語のサジェスト「suggest」の意味は提案です。

今回の記事で説明するサジェスト対策のサジェストも、同じ意味合いで、検索エンジンからの提案を意味します。

では実際にサジェストを見てみましょう。

このように、Googleでサジェストと検索すると、意味・ツイッター・消すといったキーワードが出てきます。これらがサジェストで、このサジェストが出る機能が、サジェスト機能です。サジェスト機能はGoogleやヤフーでは標準装備されています。

サジェスト対策では、このように調べて出てくるサジェストを新たに作ったり、削除したりします。

ではなぜ、サジェスト対策は必要なのでしょうか。またなぜ、注目されているのでしょうか。

サジェスト対策が注目される理由

近年サジェスト対策が注目される理由は、主に2つあります。1つ目は検索エンジンユーザーの増加、2つ目は悪質コンテンツの増加です。

ネット社会の影響により、検索ユーザーの増加は増加しています。人に聞くより本で調べるよりGoogleやヤフーで検索する人は多くいます。

検索エンジンユーザーの増加に伴い、サジェスト広告も普及しています。サジェスト広告とは、サジェストを、意図的に検索のキーワード候補に特定のキーワードを表示させるものです。

例えば、検索というKWに自社名(○○会社)をサジェストとするように、特定の商品名や社名を設定でき、検索ユーザーを獲得できます。

また、近年は悪質コンテンツが増加しています。匿名で誰もが書き込めるコンテンツが増加しているため誹謗中傷目的のコンテンツが増加しているのです。悪質なコンテンツが出回れば、それに関連するサジェストが生まれてしまいます。

ネット上にネガティブなサジェストが出てきては多くの人に悪い印象を与えてしまいます。そのため、悪質なサジェストを消すサジェスト対策が進んでいます。

サジェスト汚染

先ほど説明したような、ネガティブなサジェストによる影響はサジェスト汚染と呼ばれます。

サジェスト汚染が進めば、検索ユーザーからのネット上の印象を悪くしてしまい、業績悪化も考えられます。

SEO専門の調査会社Backlinkoによると、検索したユーザーの23%がサジェストキーワードをクリックしているとされます。
そのため、サジェスト対策すれば、各ページへのアクセスをより多く、そして良質なユーザーを取り込める点は大きなメリットと言えるでしょう。

また、すぐの集客に結びつかなくても、ブランディングやイメージ向上が見込めます。

そのため、サジェスト対策は必要なのです。

サジェスト対策の種類と手段

ここからはサジェスト対策の手段を紹介します。

サジェスト対策にはネガティブなサジェストの有無はもちろん、それぞれの対策方法によっても異なります。

期間や有効性・コストを考えて自社にあったサジェスト対策を考えましょう。

ヤフーのサジェスト対策

どの検索エンジンのサジェストを使用するかでもサジェストの仕組みや効果が出る期間が違います。

まずは、ヤフーのサジェスト対策から紹介します。

ヤフーのサジェスト対策であれば、Googleと同じく、ヤフーIDでログインしていれば、パーソナライズ化されるため、過去のキーワード検索履歴などがサジェストの結果に反映されます。

しかし、検索地点によるサジェスト表示の違いがあり、ヤフーであれば全国どこで検索しても同じサジェストが表示されます。

ヤフーのサジェストは、キーワードによって多少頻度にばらつきがありますが、基本的に毎日更新されています。
特に月曜日に全体的に大きく変わる傾向にあるため、大きな変動は月曜日におこると把握しておきましょう。

ヤフー虫眼鏡

Yahoo虫眼鏡の正式名称は「関連検索ワード」です。
ワードの横に虫眼鏡マークがついているため、ヤフー虫眼鏡と呼ばれています。ワードを検索して検索結果の最上部と最下部に出現します。サジェストと同じく、多く検索されているワードや、検索したワードと関連性があったり、一緒に良く調べられているワードが出現したりします。

Yahooサジェスト「キーワード入力補助機能」とYahoo虫眼鏡「関連検索ワード」どちらの機能も基本的には検索キーワードに関連するキーワードに変わりありませんが、それぞれの表示結果は基本的に異なります。

削除申請でサジェスト対策

検索エンジンの種類にかからわず、ネガティブなサジェストが出された場合、削除依頼を提出できます。

検索エンジンは公平性、利便性を重要視しているため、名誉毀損にあたる内容や、法律に違反するような内容である場合出ない場合、削除されません。

申請が受理され、ヤフー側が削除対応した場合は、1日~10日程度で削除が完了します。ただし、Yahoo側から連絡はないため、10日前後に、削除申請したサジェストキーワードが表示されるかを自身で確認しましょう。

削除申請以外に自分でサジェストを対策する方法はあります。他のネガティブでない検索キーワードを、自分のPCやスマホで繰り返し検索する方法です。他のネガティブでないサジェストを多くクリックされれば、そのサジェストが上位表示され、ネガティブなサジェストが下がるという仕組みです。しかし、効果は得られません。

この手段は、需要があるキーワードだと検索エンジン側に認識されないためです。
複数の回線やデバイスを用意しなくてはならなく、多大な労力も必要であるため、自身でのサジェスト対策は困難です。

弁護士に相談してサジェスト対策

弁護士を通じて法的なアプローチができた場合、削除率は高くなります。しかし、法的なアプローチができない場合は削除対象にはなりません。

例えばサジェストに事実とは異なる「○○会社 事件」などがあれば法的アプローチはできますが、「〇〇会社 悪い」とあっては法的アプローチができません。

専門業者に依頼してサジェスト対策

専門業者にサジェスト対策を依頼するのが一番有効な手段と言えます。専門業者に依頼すれば、削除申請と弁護士依頼よりも高確率でネガティブなサジェストに対処できるだけでなく、ネガティブなサジェストの防止・監視も可能です。

Googleのサジェスト対策

Googleの場合、よく検索されており、表示されているサジェストワードが含まれている何かしらのコンテンツがWeb上に存在していると言われています。

そのため、ネガティブなサジェストをクリックして相当するようなコンテンツも調べる必要があります。

また、Googleの場合、キーワード検索する場所や端末で表示内容が異なります。

更新頻度はキーワードによって異なりますが、更新が頻繁に行われるキーワードで月に1回、更新されない関連検索ワードであれば半年に1回程度のワードもあります。そのため、対策が長期化します。

Googleの削除方法はヤフーと同様、専業者にサジェスト対策を依頼しましょう。

サジェスト広告でサジェスト対策

サジェスト部分に会社のブランドや、社名、サイト名を表示させることで、アクセス数やブランディングの効果を上げられます。

ネガティブなサジェストが出る前は、サジェスト広告で対策を打つのも一つの手段です。PCで8〜15%、スマートフォンで12%のクリック数が推測されます。

基本的に広告代理店や、専門業者にサジェスト広告を依頼するケースが多くみられます。

自分でやりたいという方はリスティング広告を制作してみましょう。しかし、専門知識やテクニックが必要です。

サジェスト対策に関するQ&A

ここではサジェスト対策に関するQ&Aを紹介します。

サジェスト対策のメリットは?

ネガティブなコンテンツを見えにくくします。また、ネガティブなサジェストが消えたりサジェスト広告で有用なサジェストを出したりすれば、イメージアップにもつながります。

他のSEO施策と同時並行してよいのか

コンテンツの削除や、口コミ削除をしている場合にサジェスト対策を同時並行する場合、一度専門業者に相談しましょう。

対策が同時並行して余計に時間がかかる場合が想定されるためです。

サジェスト対策にかかるコストは?

1キーワード1ヶ月で5万円〜が相場となります。

サジェスト対策で風評被害対策をしよう

今回の記事ではサジェスト対策について解説しました。サジェスト機能は、検索時に目についてしまい、ネガティブなもののほうが気になってしまい、クリックされてしまうのが現実です。そのため、ネガティブな関連したコンテンツの有無にもかかわらず、削除が有効的です。

日頃のサジェスト対策にはサジェストの監視もおすすめです。どんなサジェストがあるのか地位度洗い出してみると良いでしょう。サジェスト対策ができる専門業者に依頼すれば、監視の他にも、現状のサジェストから風評被害につながる危険性を打ち出しサポーティングしてくれます。

また、自社の商品や会社をアピールするにはサジェスト広告も1手段として有効です。

ネガティブなサジェストにより、悪い印象を与えてしまい業績に影響が出ないよう、サジェスト対策をしましょう。