逆SEO対策という用語を近年耳にするようになりました。
逆SEO対策は、ネット上の炎上や、Webでのネガティブな噂から始まるネット上の風評被害対策の手法として知られています。

一見かんたんで気軽にできると思われる逆SEO対策ですが、逆SEO対策の効果は低く、グレーな手法とも言われています。

今回の記事では、逆SEO対策とは?という方向けに逆SEO対策の概要を、手法が知りたい方向けには実際に逆SEO対策する方法や効果・デメリットを紹介します。

逆SEO対策とは検索順位を下げる手法

ここではかんたんに逆SEO対策の概要について説明します。

逆SEO対策とは、特定のサジェスト(検索候補)やコンテンツの検索順位を下げる方法です。逆SEO対策の「逆SEO」は、ネガティブSEOとも言われます。

逆SEO対策の方法としては、検索順位を下げたいコンテンツやキーワードに関するコンテンツ以外のコンテンツを順位が上がるように施策をしたり、検索順位を下げたいコンテンツにリンクを多く貼り、コンテンツの評価を下げて検索順位を下げたりする方法があります。

SEOとは

ここでは、逆SEO対策の「SEO」について説明します。

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化と訳されます。
SEOとは、Googleなどの検索媒体(検索エンジン)から特定のページに訪れる人を増やす施策を指します。

例えば、企業名や商品名を検索した際に自社のページが出るようにしたり、店舗がある地名などとキーワードなど
(浜松町に店舗を保有するイタリアンレストランの場合「浜松町 イタリアン」)
を検索した際に、自社のサイトが出るようにしたりする施策です。

下の図は、「浜松町 イタリアン」で検索した際にでてきた検索画面です。

逆SEO対策が注目されている理由とは?対策方法からサービスを紹介のSEO解説画像

検索した際に上にあるコンテンツは目に止まりやすく、多くの人が見る可能性がありますが、下のコンテンツや先のページにあるコンテンツほど人の目に止まりにくくなり、コンテンツの流入数が下がってしまいます。

SEOはこのように検索した際にコンテンツを人の目に止まりやすくし、サイトの流入数を増やす施策とも言えます。

逆SEO対策とは、これと逆の手法で、検索した人から特定のコンテンツを目に止まらないようにする施策です。あるKWを検索した際に、検索画面の下位にコンテンツが位置するように施策をし、コンテンツの流入数を防ぎます。

逆SEO対策が注目されている背景

ではなぜ、逆SEO対策は注目されているのでしょうか?これには近年風評被害の増加が原因と考えられます。

風評被害とは

ここで風評被害について説明します。

風評被害とは、根拠のない噂が伝播して経済的な損失をうけることです。

例えば、根拠のない商品に悪意ある「不良品がでている」という情報が広まったとします。その場合、商品の購入数が減少し業績は悪化してしまいます。さらに企業のブランドイメージが下がった場合、企業に応募する求職者の減少も考えられます。

このように風評被害は根拠のない噂が伝播して経済的な損失をうけることです。

ネット上の風評被害が相次ぐ

先程も説明したように、近年ではネット上での書き込みが増えています。それに伴い、ネット上での風評被害件数も増えています。

近年話題となっている風評被害対策では、主にネット上の風評被害対策が主流です。噂をしたり情報を流す手段がネットとなってきているためです。

ネット上の風評被害対策としては、GoogleやYahoo!の検索エンジンで検索した際に出てくるコンテンツ以外にも、TwitterなどのSNSでの風評被害対策も存在します。

SNSやWebサイトなどの風評被害対策については、こちらの記事で詳しく解説しています。

逆SEO対策方法

ここからは、逆SEO対策方法を2種類紹介します。

逆SEO対策方法は、コンテンツ評価を下げる、他コンテンツの評価を下げるという2種類の方法が存在します。

逆SEO対策方法①コンテンツの評価を下げる

まず1つ目の逆SEO対策方法は、コンテンツの評価を下げる手法です。
コンテンツやコンテンツに関するキーワードが検索された際、下位表示されるようにして特定のWebサイトの検索順位を下げます。
この手法は、さらに4つのやり方が存在します。

逆SEO対策①ペナルティリンクにする

下の図は、ペナルティリンクにする逆SEO対策の大まかな流れを示した図です。

逆SEO対策の大まかな流れを示した図
Google側に、逆SEO対策するコンテンツへ移行するリンクのあるコンテンツがGoogleのガイドラインに違反する手法で検索順位を上げようとしていると誤認させて、検索から除外する方法です。

ペナルティリンクとは、SEO目的の不自然でGoogleのガイドラインに違反するような、悪質である被リンクを指します。

Googleでは、SEOガイドラインにより以下のサイト作成を禁止としています。

自動生成で作られた価値が低いページの使用

過度なキーワードの詰め込み

背景色と同じ色の文字を用いたり、CSS画像置換を悪用したりして隠しリンクや隠しテキスト埋める

検索者とクローラーで異なる内容のWebページを見せるクローキングの使用
(クローキング:検索エンジンと人間のユーザーで異なるコンテンツを表示させる方法)

SEO目的で、ページランクを操作するためのリンク購入・販売

上記の手法でサイトを作り、逆SEO対策の対象であるターゲットサイトへリンクを貼ります。

しかし、この手法はGoogleのリンク否認処理によってペナルティ解除が可能であり、作成者が特定されてしまう場合があります。

不正なサイトと認識させる

逆SEO対策したいコンテンツをGoogleに不正なサイトであると報告し、評価を下げる方法です。

不正なサイトの内容としては、スパム目的・差別的または暴力的なコンテンツ、個人情報の共有、規制対象の商品やサービスの宣伝や違反行為しているコンテンツです。

コピーサイトに大量の被リンクを貼る

Googleはコンテンツ内容が重複したコンテンツを評価したがらない傾向があります。

基本的に、最初に作られた方のコンテンツを保護するようになっており、後に作られたのコンテンツは上位に上がれません。

そのため、逆SEO対策するコンテンツに移行できるリンクを貼ったコピーサイトに大量にリンクを貼り、リンク先のコンテンツの評価も下げます。

ウイルスに感染させる

サイトをウイルスに感染させる方法です。かなりリスキーな手法のため、推奨できません。

逆SEO対策する方法②他コンテンツの評価を上げる

1つ前に説明した、コンテンツの評価を下げる手法とは異なり、逆SEO対策するコンテンツ以外のコンテンツをSEO対策をして評価を上げ、逆SEO対策するコンテンツを埋めるような方法があります。

これは、SEO対策された同じ検索キーワードででるような記事を制作し、逆SEO対策するコンテンツよりも上位表示させる方法です。

グレーな行為でなく安全な逆SEO対策ですが、制作期間や上位表示されるまでにコストがかかるデメリットがあります。

逆SEO対策サービス

ここでは風評被害対策の専門企業が提供する逆SEO対策サービスを紹介します。

スピード重視の逆SEO対策|ソルフェリオーナ

スピード重視の逆SEO対策を得意とする企業です。

自社ドメインサイト、ブログサイト、アフィリエイトサイト、SNS等多岐にわたる媒体でのサイト制作と運用を行う逆SEOは、相場では3ヶ月~6ヶ月の時間をかけて効果を発揮していくものと言われています。

ソルフェリオーナの逆SEOは検索結果から元々評価の高いサイトや、対策企業様との相性の良いサイトを選んで制作をすることで、最短3週間ほどで上位表示をすることが可能です。

最短で効果を実感したい、スポットで1~2サイトを上位表示させてほしいといったニーズのお客様であればマッチしやすいサービスです。

参考:https://www.solferiona.com/lp/

誹謗中傷対策|シエンプレ株式会社の逆SEO対策サービス

シエンプレは警察庁サイバーパトロール業務受託・警視庁捜査協力実績のあるリスク対策のプロフェッショナル集団です。過去の対策実績は6,000社以上であり、業界トップクラスのノウハウを保有しています。

そのため、逆SEO対策に関しても、多種多様な自社メディアを保有しております。それらのメディアに専門ライターが記事を作成するため、逆SEO対策と共にブランドイメージ向上が可能です。また、自社の監視ツールを保有しており、企業のリスクモニタリングやキーワード対策など企業リスクの包括対策を実現します。
参考:https://www.siemple.co.jp/article/research/rev_seo_trend/#4

逆SEO対策|アクシアカンパニー

逆SEO対策を主力事業とする企業です。

個人名の逆SEO対策は月々3万円〜・法人名の逆SEO対策は月々8万円〜・サービス名の逆SEO対策は月々10万円〜となります。

依頼してから逆SEO対策の効果が出るのは、案件毎に違いますが、早くて1週間~2週間程で動く場合もありますが、平均は2ヵ月~3ヵ月程はかかるそうです。

逆SEO対策のために複数のドメインを取得済みで、複数のドメインを使いコンテンツページを生成することが独自に可能です。

参考:https://axia-company.co.jp/service/reverse-seo/

逆SEO対策は弁護士に依頼できる?費用は?

逆SEO対策は弁護士には依頼できません。個人でできない場合は、専門業者に依頼する場合がほとんどです。

逆SEO対策を業者に依頼する場合の費用

安い業者で月々5万円〜、一括100万円程度の費用が一度に必要となるケースもあります。

逆SEO対策の危険性|3つデメリット

では、具体的に逆SEO対策にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。3つのデメリットを紹介します。

いたちごっことなる可能性がある逆SEO対策

いたちごっことは、双方が同じことを繰り返すことです。

例えば、検索候補に「パワハラ」というネガティブなワードがでてきており、検索候補に関連するコンテンツを逆SEO対策したとします。

一時期は検索候補に関連するコンテンツを逆SEO対策したため、検索候補に「パワハラ」というネガティブなワードがでてこなくなりました。

しかし、違うコンテンツで「パワハラ」というネガティブなワードが多用され、また検索候補に「パワハラ」が出てきてしまった場合、対策した意味がなくなってしまいます。

このように対策してもまた同じ現象が起きてしまった場合、費用や時間が無駄になってしまいます。さらにまた逆SEO対策をすれば、コストが嵩んでしまうのです。

逆SEO対策の成功率は100%ではない

逆SEO対策は必ずしも成功するとは限りません。手法がいくつもあるほか、SEOに関する知識が必要となり、初心者にはかんたんにできないためです。

成功率は100%ではありませんが、多くのコストを有するため成功しなければ無駄となってしまいます。

法的なリスクを負う逆SEO対策

例えば、ハッキング行為は「不正アクセス禁止法」という法律で明確に禁止されています。
サイトにハッキングしてコンテンツを消す、ウイルスを仕込むといった行為は、逆SEO対策の1つとして紹介されますが、禁止行為です。

著作権侵害を理由にコンテンツの削除依頼をするデジタルミレニアム著作権法、通称DMCA申請は、アメリカで施行される法律であるため、DMCA申請はGoogleやTwitterといったアメリカの事業者に対して適応されます。

DMCA申請の悪用から訴訟問題に発展した事例もあるため、著作権侵害を理由にコンテンツの削除依頼をする逆SEO対策の方法は法的なリスクを負ってしまうのです。

これらの法的なリスクを負う逆SEO対策の手法は、業者から進められる場合があります。法律の知識がなければこれらの逆SEO対策を受け入れてしまう危険性があるため、注意が必要です。

逆SEOの被害をうける可能性も|対策方法は?

健全に運営していた自社コンテンツの検索順位が突如下がってしまうなど、逆SEO対策をこちら側がしなくても、他者の逆SEO対策によって自社のコンテンツが被害をうけるケースも存在します。

ここでは逆SEO対策の被害と確認方法・対策方法を紹介します。

逆SEO対策の被害

逆SEO対策の被害を3つ紹介します。

検索結果の順位が途端に下がる

逆SEO対策をすることなく、コンテンツを運営していて、コンテンツの順位が突然順位が下がってしまう場合です。

コンテンツの検索結果の順位は、Google Analyticsで確認できます。SEOを意識してサイト改善や健全な運営をしている場合、検索結果の順位がとたんに下がってしまうケースはほとんど考えられません。

他コンテンツからの逆SEO対策から被害を受けている可能性が考えられます。

インデックスから消去される

インデックスから消去されてしまう被害ケースです。

インデックスとは、検索エンジンがWebページをデータベースに保存しているものを指します。

つまり、コンテンツを検索してもWeb上で出てこなくなってしまうという被害です。

逆SEO対策の被害を受けた場合の確認方法

GoogleサーチコンソールやAhrefsといったコンテンツ内のリンクが見られるツールを使い、他者のコンテンツで自社のコンテンツに移動する被リンクがあるのか、コンテンツが攻撃されているのかをチェックしましょう。

逆SEOの原因となっていると見られるサイトがあった場合、GoogleサーチコンソールやAhrefs上で被リンクを否認できます。

逆SEO対策の被害を受けた場合の対処方法

リンク元に問い合わせる

被リンク元のサイト運営者に連絡し、対象リンクを問い合わせます。

被リンクを否認・コンテンツの削除

Googleサーチコンソールで被リンクを否認します。
判断を誤って集客に貢献している質の高い被リンクを否認してしまうと、Googleでの検索順位に影響を及ぼす可能性があるため、慎重に行いましょう。

質の低いリンクの削除を依頼する方法も存在します。

低品質なサイトから被リンクを受けていた場合、スパムの可能性があります。
サイト管理者に直接連絡を取り、リンクの削除を依頼しましょう。

逆SEO対策ではなく根本的な削除が必要

風評被害と見受けられる逆SEO対策ではなく、コンテンツを根本から削除する方法を推奨します。

こちらの記事ではサジェストを逆SEO対策ではなく、削除する方法について紹介しています。