今回の記事では、OpenWorkの口コミを企業が削除する方法について解説します。

ここで解説するOpenWork口コミは、求職者が閲覧する口コミを指します。求職者が閲覧する口コミを、ネガティブな投稿がないか監視したり、ネガティブな投稿を対策したりしないと、採用に悪影響が及んでしまい、人材が集まらなくなるほか、ネット上での炎上などのデジタルリスクを高めます。

そこで今回は、OpenWorkの口コミについてどのようなものか説明し、対策しないリスクや対策方法について解説します。この記事を読んで、OpenWorkだけでなく採用における風評被害対策をしましょう。

OpenWork(旧Vorkers)とはどのようなサービスか

OpenWorkがどのようなサービスか、登録方法や無料会員と有料会員についても紹介します。

OpenWorkは求職者が利用するサービス

OpenWorkとは、求職者が就活・転職時に利用する、企業の求人情報や、企業の口コミが掲載されている情報サイトです。現在では、約450万人のユーザーに登録されています。

OpenWorkは、オープンワーク株式会社が運営しています。現在はOpenWorkとして運営されていますが、数年前まではVorkersという社名で運営されていました。

OpenWorkは、就職活動にも活用されており、就職活動生は、企業研究から、エントリー・内定獲得まで可能です。就活生の2人に1人が利用しているとのデータがあるほど、就活生にも人気の求職情報サイトです。

OpenWorkでは口コミが閲覧・投稿できる

OpenWorkでは、いくつかのうちの条件を満たせば、約1200万件の年収・社員口コミを全て閲覧可能です。また、自分で企業の口コミを投稿できます。

下の図のように、職場に関する口コミだけでなく、残業時間・有給休暇消化率も算出されるほか、社員の士気・風通しの良さ・成長環境などについてスコアリングも表示されています。

引用:OpenWork三井情報株式会社の口コミ

すべての口コミを閲覧する場合、いくつかの条件があります。

会社評価レポートに回答(在籍中・退職した会社についてのレポート)
転職サービスに登録(社会人向け)
就職サービスに登録(学生向け)
有料会員となる

上記3つは無料でできます。

OpenWorkの無料会員|登録しない場合

OpenWorkを利用するには、無料の会員登録が必要で、会員登録は、メールアドレスで登録するほか、FacebookやGoogleアカウントで登録できます。

無料会員に登録しなければ、口コミは以下のように、スコア・回答者の基本情報と最初の一文だけなどごく一部しか見られません。

引用:OpenWork清水建設の口コミ

OpenWorkの有料会員と無料会員の違い

OpenWorkには、有料会員制度があります。月々1,000円で利用でき、レポートに回答しない・現在求職中ではない方も登録可能です。

無料会員で、会社評価レポートに回答せず、転職・就職サービスにも登録しない場合は、閲覧できる口コミが限られてしまうため、注意が必要です。

OpenWorkの口コミ投稿には職務経歴書が必要?

OpenWorkの口コミを閲覧するに当たり、職務履歴書は必要ではありません。

しかし、OpenWorkを通して転職サービスに登録し、その転職サービス内でより高度な待遇を受けたい場合は必要となるそうです。

また、エン・ジャパンが運営する30代・40代のハイクラス転職サービスであるミドルの転職に登録し、職務履歴書まで登録すれば、OpenWorkの全コンテンツ閲覧が可能となります。

企業が受けるOpenWork口コミからの悪影響

さて、今回の記事ではOpenWorkの口コミ削除について解説しますが、なぜ口コミを削除する必要があるのでしょうか。口コミを削除しないで起こりうるリスクについて紹介します。

悪質な口コミは風評被害の可能性を生む

悪質な口コミは風評被害のリスクを高めます。

風評被害とは、ネガティブな口コミや情報などから損失を受けることです。
風評被害について知りたい方は、こちらこちらの記事をご覧ください。

万が一、OpenWorkに掲載されている企業の口コミに、「上司からのパワハラがある」「働く環境が不衛生」など、閲覧者に良くない印象を与えてしまう口コミがあっては、当然、閲覧者の志望度を下げてしまいます。そして、口コミから求職者数を下げてしまい、採用に悪影響を与えてしまうのです。

そこで、口コミの削除など対策が必要となります。

OpenWorkの口コミ削除について解説する前に、具体的にOpenWorkの口コミを削除しなければどのような被害が出てしまうのか見ていきましょう。

削除しないと従業員減少の可能性も

職場の印象を悪くしたり、就職意欲を下げてしまう口コミがあった場合、求職者は減ってしまいます。

最近では、企業に応募する前に口コミサイトなどで実際に働いている人の感想などを見て応募を決めている人もいるほど、求職者にも口コミは大きな影響を及ぼしています。

また、志望度が高い人ほど入念に企業について下調べするため、見られる可能性は高くあります。つまり、口コミを対策しなければ、下調べをしない=志望度が低い人を集めてしまう危険性もあるのです。

そのため、口コミを削除するなどして対策しなければ、求職者が企業側の見えないところで減ってしまいます。

また、企業のネガティブな口コミを既存の従業員が閲覧した場合、職場で働く意欲が低下し、離職をすすめる可能性もあります。

このように、従業員減少のリスクを高めてしまうのです。

口コミから削除したくなるようなサジェストが発生

万が一、OpenWorkの口コミに「最悪」というワードが多く使われていたとします。その場合、企業名を検索した際に横に最悪というサジェスト(検索候補)が出てくる可能性があります。

企業名を検索した際に出てきた場合、口コミを見なくても、検索段階で悪い印象を与えてしまうため、従業員だけでなく、顧客やその他ステークホルダー(利害関係者)にも悪い印象を与えてしまいます。

また、以下の図のように、企業の口コミを検索したときでなく、企業名を検索した際にもOpenWorkのサイトは出てきやすく、そこで評価が低かったり書いてある印象がネガティブであれば印象を悪くしてしまいます。(具体的な企業名や連想させる口コミは隠してあります。)

OpenWorkの検索画面
OpenWorkの検索画面

OpenWorkの口コミを削除する前に

口コミ削除の前に、知っておきたい情報や確認事項を紹介します。

OpenWorkに投稿されている口コミを削除するには、コストがかかるだけでなく、正しい知識が必要となります。OpenWorkの口コミを閲覧する方法や、OpenWorkが定める口コミの削除・非公開基準を理解しておきましょう。

削除するOpenWork口コミを自社で見るには

まず、OpenWorkで自社の口コミを見る方法を紹介します。

口コミ削除の前に、自社の口コミにどのようなものが掲載されているかを閲覧しましょう。OpenWorkの口コミを見る方法は大きく2つあります。

求職者として登録して口コミを閲覧

求職者として登録して企業名を検索し、口コミを閲覧する方法です。

先程も説明したとおり、求職者の立場ですべての口コミを閲覧するには、いくつかの条件のうち1つに当てはまらなければいけません。

会社評価レポートに回答(在籍中・退職した会社についてのレポート)
転職サービスに登録(社会人向け)
就職サービスに登録(学生向け)
有料会員となる

上記3つは無料でできます。

採用担当者として登録

企業の採用担当者として登録して口コミを閲覧する方法です。OpenWorkは、採用担当者としても登録できます。

アカウント登録のみは無料で、プレミアム版は新卒採用・中途採用ができます。どちらとも初期費用と基本使用料は無料ですが、プレミアムの場合は、採用が取れた場合に料金が発生します。

アカウント登録のみでできる項目は以下です。

会社紹介・ヘッダー画像掲載
スカウト対象の検索

プレミアムでできる項目は以下です。

新卒採用(今年度・来年度の新卒採用は無料、成功報酬一人につき40万円)
中途採用(成功報酬一人につき40〜80万円)
求人掲載・応募者管理
スカウトの送信

OpenWorkで削除対象となる口コミ

OpenWork口コミの削除対象や利用規約についても確認しておきましょう。

OpenWork側が定める、削除対象となる口コミは以下の通りです。

申請内容から掲載内容が明らかに投稿時の事実と異なると判断できた場合
申請内容から掲載内容が明らかに誹謗中傷に相当する表現を含むと判断できた場合
その他表現が公序良俗に反すると判断できる場合

引用:OpenWorkお問い合わせ 貴社に関する掲載情報の削除依頼

OpenWorkの口コミにはどのような審査があるのか

OpenWorkの口コミは、運営スタッフに目視審査されています。OpenWork側が独自のガイドラインに基づき、口コミがガイドラインに違反していると判断された場合は、投稿は非公開とされてしまいます。

ガイドラインの主な内容は、以下の通りです。

相当の企業で正社員化契約社員として1年以上勤務したことがある人のみレポート可能で、噂話や不確かな情報は禁止

経営者以外の属人的事例や傾向、個人名、個人が特定できる情報は禁止

誤字脱字や罵るような言葉、口頭表現など感情的な表現やビジネスマナーに反する投稿の禁止

誹謗中傷や個人的意見の断定的表現、営業妨害に当たる表現、不正行為の告発などの禁止

本来あるべきものに対して「皆無」「全く無い」というような誤解を与えかねない決めつけた表現の禁止

他のサービスやサービスからの転用

不自然なタイミングでの連続投稿・意図的に企業の評判を高めるあるいは下げることを目的とした内容・他社から依頼されて行う投稿・記号やテキストアート、ひらがなを多様・「会社評価レポート」の趣旨が大きく異なる、外国語での投稿の禁止

参考:OpenWork レポート回答ガイドライン

OpenWorkの口コミを削除する方法

では、実際にOpenWorkの口コミを削除する3つの方法を紹介します。ご自身や、組織にあった方法を検討してください。

弁護士に相談

弁護士に相談して法的な措置を取る方法です。投稿内容が法律に反している場合など、法律が適応できる場合に有効です。

また、投稿内容によって損害賠償を請求できる場合に有効です。

但し、弁護士に削除を依頼してもかならず削除されるとは限りません。また、相談や削除するにあたって費用が必要となります。

OpenWork口コミの投稿者を特定するには

OpenWorkの口コミで個人を特定するには、プロバイダ責任制限法4条1項の「発信者情報開示請求」によって開示請求する必要があります。しかし、どんな内容でも開示請求できることはありません。

弁護士を通したり自身で開示請求する前に、まずはOpenWorkに任意で投稿者の情報公開請求をし、できなかった場合に弁護士を通して請求をしてみましょう。

削除申請

自分でOpenWorkへ削除を申請する方法です。削除申請自体には料金はかかりません。しかし、準備しなければならない書類が複数あるため、時間がかかります。

OpenWorkに対しての削除申請は、以下のステップで行います。

・侵害情報の通知書兼送信防止措置依頼書の必要事項を記入し押印
・発行後3ヶ月以内の印鑑登録証明書を準備
・発行後3ヶ月以内の登記簿謄本を準備

また、第3者が申請する場合は、依頼主の登録印鑑(実印)が押された委任状が必要で、口コミの内容が事実とは異なる場合は、それを明確に証明するものが必要となります。

さらに、OpenWorkに削除申請をした場合、必ずしも削除されるとは限らない点は留意しておきましょう。

削除交渉

専門業者に委託して削除申請するのではなく、削除を交渉するやり方です。しかし、素人がやるには難易度が高く、テクニックが必要である点削除交渉ができる業者は限られている点や、業者に依頼するには費用がかかる点で注意が必要です。

株式会社ソルフェリオーナでは、削除交渉によるクチコミ削除やコンテンツ削除が可能です。

株式会社ソルフェリオーナによるネット上の風評被害対策や、口コミ削除に関してより知りたい方は、こちらのページを参考にしてください。

削除するOpenWorkの口コミを出させない対策方法

ここでは、削除したくなるようなネガティブである口コミを出させない方法を紹介します。口コミに対処する方法も重要ですが、それ以前に、採用に被害を与えてしまうような口コミを出させない口コミ対策も重要です。

従業員の満足度調査などで職場環境改善

日頃から従業員が働きやすいよう、労務管理をしましょう。労務管理については、こちらの記事で労務管理の意味や、具体的な労務管理のやり方について解説しています。

従業員に対して職場に関する不満などを聞くアンケートを実施するのも一つの手段です。人事側が見ていないところで、逆パワハラモンスター社員といった問題を抱えている人がいるかもしれません。匿名の従業員調査をしてみましょう。

OpenWorkの口コミを監視

ネガティブな情報や、事実とは異なる情報がないか、OpenWorkに投稿された自社の口コミを目視する方法です。

普段から口コミをチェックしていれば、早くに口コミに対処できたり、職場環境改善に活かせたりできます。そのため、企業のOpenWork口コミを監視する方法はおすすめです。

しかし、目視をこまめにしていては、時間がかかってしまいます。そこで、業者に委託する方法もおすすめします。

【番外編】OpenWorkで自分の口コミを削除するには

OpenWorkに自分で投稿した口コミは、編集・削除できません。投稿したユーザーは、書き込みの削除や編集ができないというルールが設けられているためです。

愉快犯や嫌がらせ目的での投稿ができないよう、かんたんに編集や削除ができないようにしているそうです。

OpenWorkの口コミが反映されない場合

自分が投稿した口コミが反映されていない場合、自分の投稿が審査に落ちたことが考えられます。また、削除も考えられます。
ガイドラインを遵守した投稿を心がけましょう。

また、運営側に問い合わせるのも一つの手段です。

自分がOpenWorkに投稿した口コミは職場の人にばれるのか

OpenWorkの口コミが職場の人にバレるということは極めて少ないです。個人が特定できるような口コミ内容や、開示請求となるような内容でない限り、バレることはありません。

個人が特定されないよう、特に従業員が少ない企業であったり、特定されやすいような職種や職位であったりすれば、注意しましょう。

OpenWorkの口コミを削除して風評被害対策をしましょう

今回は、OpenWorkの口コミ削除について紹介しました。OpenWorkにネガティブな情報があっては、この機会に企業を検討している人へ悪い印象を与えてしまい、志望度を下げてしまいます。また、「パワハラ」というワードを含む投稿が多く合った場合、企業名を検索したときにパワハラという検索候補が出てきてしまう恐れがあります。

採用に悪影響を与えかねない投稿は対処し、また、働きやすい環境を考えましょう。